~またまた“辞められたら困る”~ 7話

 

ミカロジへ移行当初は主要メンバーたちも、“新しい会社になって頑張ろう!”と

意気込みを持っていたと思います。

しかし、いざっ、新しい社長が来て今まで自分たちがやっていたことに注文を付け始められると、

“何言ってるんだ、この社長は?”という不信感に変わっていくのがハッキリとわかりました。

 

彼らの態度の変化に気付き始めると、またまた“辞められたら困る”という不安が膨らみはじめました。

過剰な派遣スタッフで日々赤字を積み上げていく中でも、

“そうだよな、彼らは今までこの体制で頑張ってきたのだから、もう少しこのままで行ってみよう”

自分なりの勝手な解釈で、現行体制を続けていくことにしました。

というより何も言えなかったのが本当のところです。

 

この無理な体制維持が後々ボディーブローのように、資金繰りの苦しみを増幅させていくのでした。