~呪文を唱える~20話

 

大きく空いたスペースを毎朝掃除しながら頭に浮かぶのは、

資金繰り・従業員との関係・顧客離れ等々、

常に不安なことばかりでした。

もちろん、なんら良い改善策などは浮かびません。

 

そんな時に京セラ創業者稲盛和夫氏の言葉を思い出しました。

 

『新しき計画の成就は只不屈不撓の一心にあり。

さらばひたむきに只想え、気高く強く一筋に』

 

意味もよくわかってはいませんでしたが、

なぜかこの言葉が心に残っており、自分を鼓舞するつもりで、

毎朝モップを押しながら呪文のように唱えるようになりました。

 

傍からみたら“ひとりブツブツ”と滑稽のなにものでもないでしょうが、

私にとっては神頼みみたいなものだったのかもしれません。

 

乱れた心を整えるのにはそれなりに役立ったように思います。