~帝京ラグビー部~69話

帝京ラグビー部を9連覇させた監督の著書を読みました。

監督就任後、根性論の練習量では

どこの大学にも負けませんでした。

しかし勝てません。

 

あるとき上級生の試合を観戦していた1年生が

「帝京が負けちゃえばいいのに」

これを聞いた監督はショックを受け、

考え方を変えました。

 

4年生が徹底的に1年生の面倒をみる。

練習着の洗濯・部屋の掃除・道具の準備や手入れ・グランド整備・・・

すべて4年生が行います。真逆の発想です。

 

そこから9連覇が始まります。

具体的なミカロジでの取り組みはまだできていませんが、

この考え方はぜひ取り入れていきたいと思います。