~従業員との会話~97話

30名ほどの小さな会社です。

社内に居るときは全員に声を掛けるようにしています。

と、今は偉そうに言っていますが、

苦闘期には反発する従業員たちと極力会話を避けていました。

 

こういう狡さが私にはあります。

 

堂々と彼らと会話をすればいいのですが、

“何か反対意見を言われたらどうしよう?”

“不機嫌な態度で返されたらどうしよう?”

会話に踏み込めませんでした。

 

結果、話易い従業員との会話が増えますので、

「なんだよ社長、あいつらの話ばっかり聞きやがって」

(こんな汚い言葉ではないと思いますが)

その反省を踏まえ、今に活かしています!

と、思っています。