~新しい体制~31話

 

ありえない条件提示で辞めることを止めさせましたが、

更に私はまたまた同じ過ちを犯します。

 

以前も社長室を明け渡して失敗をしていたのに、

新たな責任者にまたもや社長室を譲ってしまったのです。

 

今更ながらに私の馬鹿さ加減にあきれますが、

この時もご機嫌取りという安易な手法に頼ります。

 

新しい体制当初はこの責任者含め皆本当によく頑張ってくれました。

慣れない管理業務含め、アップアップでしたが、

業務をなんとかこなしてくれたことは本当に感謝しています。

 

このような変革期に、

本来経営者として組織作りをしなければならないのでしょう。

しかし諸々の場当たり的な対応や本気の覚悟を持てなかった私は、

新しい体制を作り上げることができませんでした。

 

結局数年後にこのメンバーたちとも袂を分かつことになってしまいます。