~本気でぶつかっていたら~61話

たまに考えます。

もしも私に“辞められたら困る”という恐怖がなく、

辞めていったメンバーたちと本気で

ぶつかっていたらどうなっていたのだろう?と。

仮定の話ですから答えなんてわかりませんが、

やはり彼らとは無理だったのではと思います。

 

今現在の従業員たちとの良好な関係を鑑みると、

根底にある理念というのでしょうか?

そこの一致が辞めていった人たちとは

元々できなかったような気がします。

 

あっ、違いました。

辞めていった人たちの方が私に対して

ノーを突きつけたんですよね。

前言撤回です。