~頭を下げる~26話

 

資金繰りが一息つくと、

日々減り続ける赤字をなんとかしなければなりません。

 

といっても、具体的な対策があるわけでもなく、

また従業員の協力も得られるわけでもありませんでした。

 

それでも何か事を起こそうとするには、

主要メンバーの了解を得なければなりません。

彼らの意に沿わない取り組みはあれこれと言い訳を付けられ

すぐ却下になってしまいます。

 

そんな時にも“辞められたら困る”の私の弱い心は、

「ごめん、俺の考えが間違っていたよ」

すぐ彼らに頭を下げていました。

 

この時は悔しさや情けなさよりも、

彼らの了解を得るにはどうしたら良いだろうという、

およそ経営者とはいえない思考にしかなれませんでした。